日々の食卓は、シンプルで身体に優しい「ケ」がいい

日々の食卓は、シンプルで身体に優しい「ケ」がいい

チームくるみ亭でいつもご一緒しているお友達が、こちら、矢作直樹先生の歴史文化塾 で料理を提供しております。その思いを紹介させてください。私はいつも深く共感いたします。

みなさまご存知のように、和食にはハレの日、ケの日という2つの概念があり、ハレの日の食事はイベントに伴うような、見た目も豪華で、味も脳に「ガツン!」とくるようなわかりやすい美味しさのお料理、そしてケの日の料理というのは、地味だけれども細胞のひとつひとつが喜ぶような、しみじみとした味わいのある毎日のお料理です。
今の日本は毎日が「ハレの日」のよう。町には世界各国のあらゆる「脳においしいお料理」があふれています。こういったお食事を毎日続けることは、身体にはとても負担だと思われます。
私は「ケの日の食事」を大切にすることが、健康維持のために重要であり、和食文化の継承にもつながり、ひいては日本人の精神性にも深く影響するものと考えています。

食卓を整えるのは、主にお母様でしょうか。みんな、レシピ検索に必死になっていませんか?そして、華やかでない食卓を「できていない」と思い、お惣菜や外食になっていませんか?

こちら、私が以前書いた記事です。家庭料理は、普通でいい、いつもと同じでいい!そこにこそ良さがある〜私の行動を変えた本〜最近はこの思いがさらに強くなっており、普通いい、いつもと同じいい、と思っています。

この日は、重ね煮のお味噌汁と切干大根の酢の物。切干大根はビタミンB1,B2は生の大根の10倍、カリウムは14倍、カルシウムは23倍、食物繊維は16倍、鉄分は38倍とも49倍ともいわれるほど、豊富な栄養を含んでおり、まさに日本に昔からあるスーパーフードです。太陽を浴びることで、このように変わるのです。ぜひ天日干しの国産品をお買い求めください。切り干し大根は、安価で常備しておきやすいので、ぜひ忙しい人にストックをお勧めします。

こちらに調理法を書いています。ワーキングマザーのレシピ「おうちカフェ・野菜、乾物の作り置き」
そして、この日は切干大根の戻し汁を沸かした切干大根茶も提供されました。切干大根茶は、デトックス効果があり、マクロビオテックでは花粉症予防のお手当茶としてご紹介されているこの季節にもぴったりのもの。切干大根の持つ美味しさと栄養を余すところなくご利用できます。

春はデトックスの季節ということで、今日のテーマは「デトックス」でご用意いたしました。ケの日のごはんは華やかさもなく、さもないごはんですが、今日も美味しく召し上がっていただけて、とてもうれしいです。召し上がった皆さんの細胞が喜んで、明日、小躍りして応えてくれますように

こんな「相手を思う気持ち」が一番大事なことだと思いませんか?品数や、見た目よりも・・

お友達のブログはこちら「パーソナルシェフとろみの日記」

マッキーさんはただいまブログを整備中、フェイスブック投稿をご覧ください。

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

  1. […] 日々の食卓は、シンプルで身体に優しい「ケ」がいい […]

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)