瑞穂の国の主食について考えてみませんかNo1〜くるみ亭〜

瑞穂の国の主食について考えてみませんかNo1〜くるみ亭〜

 

みなさん、主食には何を召し上がっていますか?瑞穂の国である日本では、昔から米、それも玄米が主食でした。最近は、パン、パスタなどの麺類、つまり小麦の消費が増えているようです。

お米を食べると、本当に太るのか?

お米を食べると太ると思っている方は少なくありません。でも、そもそも多くの人が「白米」を食べ始めたのは100年も経っていません。それまでの主食は、玄米か雑穀です。白米は、精米されることで食べやすくなりましたが、ビタミン、ミネラル、食物繊維は激減、血糖値が上昇しやすく、確かに太りやすい食べ物ではあります。それでも、小麦製品よりは、血糖値の上昇は穏やかです。

白米に雑穀を入れると、こんなメリットがあります

  • 雑穀はお米より先に栽培されたと言われています。どんな土壌でも育てやすい「強い生命力」があり、害虫による被害がすくない「抵抗力」があります。
  • 白米の欠点を補うべく、「食物繊維・ビタミン・ミネラル」が豊富です。
  • 少し固めの食感になるため、よく噛んで食べるようになります。噛むことのメリットはご承知の通り、唾液の分泌が促進され消化活動を助ける・脳に刺激がいく・お顔の筋肉を使うので小顔効果も期待できます。

雑穀はこんなにメリットがたくさんあります。おまけに炊飯時に追加して入れるだけ。

ぜひ雑穀入りのお米を積極的に食べましょう。腹持ちがいいので、間食も減りますよ。なにより、手軽です。具たくさんの汁物と合わせると、それだけで栄養バランスが整います。

よい雑穀とは??

せっかくなので、いい雑穀を選びたいものです。見立てのポイントは

  • 脱穀したてで新鮮なもの
  • 脱気した袋に入っています(空気に触れないので、劣化しにくい)
  • 水分量が多いので、水に放つと沈みます
  • 国内で育てられている。「〜県産」の表示がポイントです。国産=国内で生産ではありません。日本でブレンドしたら国産と表示できるのです。

こうした視点で、選んでみてください。

雑穀講座を定期的に開催している、管理栄養士の濱田真里さんと「くるみ亭・オリジナルブレンド雑穀米」を企画しました。詳細は、こちらをご覧ください。

濱田さんのHPはこちら食べるのいろはです。ご覧ください。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)