真福寺〜お食事つき読書会〜開催報告

真福寺〜お食事つき読書会〜開催報告

先日、開催した真福寺のお食事つき読書会、参加された皆様、ありがとうございました。私はこの日、午前中に仕事に行ってから合流。お食事を提供させていただきました。

まずは本堂で読経

この読書会は、真福寺の副住職である「伊達隆峰」さんが、かつて教育の場として存在していたお寺の役割を復活させたいという熱い想いから始まったものです。きちんと仏教に触れて、そして、きちんと学ぶ場としての「お寺読書会」なのです。

なので、始めにきちんと本堂で読経から始まります。みなさん、読経なんて普段、お葬式や法事でしか触れることがないですよね?

気持ちが引き締まりますよ。あの空気感、そして、伊達さんの澄み切った声。さすがです。

自分の悩みを解決する、目的思考の読書会

次に、RFAファシリテータの福田博規さんを中心に読書会が始まります。

グループに分かれてそれぞれ持ち寄った本を手に、何を知りたいのか、何を解決したいのか、読書を通じてディスカッションしていきます。

その本を手に取ったということは、きっと何かしらの目的があったはず!そうです、目的をもって読書をするというのは、ファーストステップ講座でも、何度となく強調されていたことでもあります。

そして一人ずつ発表をしていきます。「目から鱗だった!」「他のひとからのアドバイス、意見で解決の見通しがたった」などの感想が述べられていきます。目的はひとそれぞれでも、「読書を通じて何かを知る」ということは共通なんですね。

このあと、集中して本を読みました。時間にして11分間だったそうですが、たったこの時間でも集中すると得るものがたくさん!これも新発見!

11997512_469263296567899_1883213382_n

ぐるっと囲む、食の分かち合い

お食事はみんなで机を囲んで「いただきます」

私は「食の分かち合い」にこだわりがあるのです。他人同士、初めて会った人同士でも、一緒にご飯を食べると、なんだか繋がりが生まれる気がしませんか?そして、これこそが、平成の時代に失われたとっても、とっても大事な場だと思っているから、やはりこだわります。

何でもない食事でも、「何これ!うれしい!」「おいしい!」と、わいわいとても喜んで頂いて、とても嬉しかったです♪

11944880_469421406552088_1091168659_n

この日のおかず、これと、発酵玄米と豚汁です。

11994288_469421373218758_360629634_nデザートは黒糖ゼルーと、金丸文化農園さんからの巨峰です。

11992602_468102930017269_868532482_n最後は仏教のお話、本日は般若心境についてです。目から鱗のお話がたくさんでした。知っているようで、ほとんど知らなかった世界です。

グローバル化の時代だからこそ、きちんと仏教について学ぶこと、知っておくことはとても大事なのではないでしょうか?

12008382_851520608277781_1895357432_o

盛りだくさんのお寺読書会。当初予定の3時間を超えてしまい、遠方からこられたお客様を、一人ずつ送ることになりましたが、

お寺が広すぎて、私、迷子になってしまいました。次回からはきちんとご案内できるように努めます。

毎月開催いたしますので、ぜひご参加ください。

お土産は、手製の梅味噌です♪

11997327_469421449885417_726433862_n

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)