感謝御礼、クラウドファンドの達成!みなさま本当にありがとうございます

感謝御礼、クラウドファンドの達成!みなさま本当にありがとうございます
紆余曲折ありながら、拙いながら、みんなにご心配をかけながらのクラウドファンドが終了しました→社会復帰事業弟1弾!出版費用を集めたい
想定していたよりも、多くの方にご支援いただきまして、ありがとうございます。
ご支援くださった多くの人にとって「高次脳機能障害」という言葉じだいも、初めてだったと思います。それでもご支援くださって感謝です。

あんなことあった、こんなことあった

スタートまでにあった様々なことはこちら→
そのあとも、とにかく進むのだ!で取り組んでいたものの、途中で私がダウンすること3回!ひえ〜。元気が売り物だったのに。おまけに、最後は職場のトラブルでメンタル面が大きくダウン・・まじか、こんな時に?と普通なら落ち込むのだろうが、そこは「すべてに意味がある!」と考える私なので、どんな意味なのか考えに考え抜きました。

こんなことに気が付きました

じっと考えるのが苦手、行動しながら考える私は、無意識にあるものが潜在意識に浮かび上がるまで、今まで通りに言語聴覚士としての仕事をして、くるみ亭でいろんな人とあって話をしたり、親しい人に相談したりして過ごしました。いつも頭の隅にあったのは
  • 自分はこれからなにをやりたいのか?
  • 自分が大切に思うものは何か?
  • 自分がすべきことは何か?
この3つがリンクすることを決意し小さな一歩を踏み出したのが、ちょうどクラファン最終日。
やりたいことは
  • Reジョブの理念である「高次脳機能障害者の社会復帰と家族支援。そしてこの障害についての広報」
  • ひさしぶり、また今度ね!の言葉が行き交う「大人の小学校くるみ亭」

大切に思うのは、日々の積み重ねと丁寧な心の交流。親しい人とのお付き合いが、粗雑にならないように時間と心に余裕を持つことの必要性を感じました。

すべきことは、言語聴覚士としての専門性を高めること。たくさんの人にであうこと。

新年度のスタート、気分軽やかに

 働き方を変えよう!
そう決意してから迎えた4月1日(日)いつもの朝活でこれらを宣言したあと、なぜか、なぜか心がすっきり、気分が軽やかになったのです。自分のこれからの1年について覚悟が決まったから、そして、その覚悟が無意識レベルも含めて、自分にとって正しいことであると確信しているからだからだと思います。
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)