継続は力なり〜隆祥館書店の『作家と読者の集い』200回突破記念パーティに参加!

継続は力なり〜隆祥館書店の『作家と読者の集い』200回突破記念パーティに参加!
ある方からお誘いをいただき、二村知子さんの大ファンである私はこちらのパーティに参加してきました。著者、出版会社、マスコミ関係の方、そうそうたるメンバーがお集まりでした。皆さんが口をそろえていうのは「二村さんは、非常に努力家である」こと。
シンクロの選手時代「あれほどがんばる選手みたら、勝たせたいって監督は思うもの」とコーチの井村雅代さんがおっしゃていたとのエピソードも。

水鳥の法則

私たちは、他人の成功したところしか見ていない、日の目をみるまでの道のりを知らない。
二村さんは、街の小さな書店を継いで、この作家と読者の集いを小さく始めました。たった一人で作家にオファーをし、スケジュールをくみ、企画を宣伝し、集客をして、当日は司会もインタビューも。
初めの頃は作家さんに来てもらうのも大変だったそうです。それでも続けてきたところがほんとに素晴らしいと思います。始めた時から、今の、二村さんがあったわけでなく、大変な努力の結果、花が咲いているのです。成功した人の「今」だけをみて、羨ましがっていては何も手にできないなと思いました。

まだまだ挑戦は続く

小さいお子さんがいるお母さんが安心して集える場所をと「ママと赤ちゃんの集いの場」を開始されています。「保育園の建設が、赤ちゃんの声が騒音として反対されている。みんな、赤ちゃんだったんです。社会に迷惑をかけながら自分たちも育ってきたんです。お互いが許される社会になってほしい」と話をされていました。今後もぜひ継続してほしいです。
そして、平和への熱い思いも語っていました。「戦争が未だになくならない。武器商人に渡るお金はメガバンクから融資されている。お金を預けるのであれば、鎌倉投信など本当にいい会社に投資している会社に投資してほしい。私たちはもっと賢くならないと」
堤美香さん、川田龍平さんもご出席、こちらの本をぜひ
日本が売られる (幻冬舎新書)
堤 未果
幻冬舎 (2018-10-04)
売り上げランキング: 11

微力だが、無力ではない

多くの方の素晴らしいスピーチがあったのですが、最も心に残ったのが、高野登さんのこちら
「これからも微力ながら応援していきたい。私たちは決して無力ではないと思うのです。微力でも、なにかできることがあります」
高野さんが微力というくらいですから、私なんて微力で当たり前、でも無力ではないはず!勇気をいただきました。
品格を磨く

品格を磨く

posted with amazlet at 18.11.14
高野 登
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2016-11-11)
売り上げランキング: 169,313

本を読もう!それも骨太の本を!

この日、活字離れによる「知力」「思考能力」の低下について多くの人が危惧されておりました。商業主義に飲み込まれセンセーショナルな本ばかりが流通してはいけない、真実をちゃんと見極めるために誠実に書かれた本を広めたい
書店は街の文化である・・そんな思いで経営努力をされている二村さんに心うたれただけでなく
もうハウツー本はいらない
思考を鍛える良書をじっくり読みたい
目利きの人がいる本屋でちゃんと購入したい
賢い消費者になりたいものだと感じました。
答えのない世界を生きる

答えのない世界を生きる

posted with amazlet at 18.11.14
小坂井敏晶
祥伝社
売り上げランキング: 71,813
作家と読書の集いは300回を目指して継続中です
こちらをどうぞ→隆祥館書店
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)