衝撃!私って、顔面筋がぜんぜん動いてへん!

衝撃!私って、顔面筋がぜんぜん動いてへん!

きっかけはいつも通り目の前の患者さんだった。とても軽度の顔面麻痺で、一見わからないんだけど、笑ったりおしゃべりをすると左右の差が出る。でもリハビリのプログラムを使っても、彼女にはどれもできてしまうの、、医療は標準の人を対象としていないだから、ほぼほぼノーマルまで改善したら、それの先はリハビリとは言わない。だから教科書にあるプログラムが適応しないの。西城秀樹だって結局最後はアメリカのボイストレーナーに頼ったらしいし(新聞に掲載されていた)

で、考えた、何かないかなぁって。もうこれは医療でなく、美容業界にネタがあるのではないかと思いつき、顔ヨガに参加してみた。こちらです

そもそも自分ができへんやん!!

参加してびっくり。私の顔、思ったように動かへんし!少しは自覚していたよ、
しゃべる勢いに比べ表情が乏しいとか、黙ってると老けてみえるとか、何となく写真の表情が硬いとか、諸々は気にしてよ、でも、でも、それにしてもここまで動かないとは!びっくりやぁ!!!

例えば「いーっ」て口を横に引くでしょう、それはできます。
でも私の笑顔は横引き笑いと言って、横にひいているだけ!口角が上に向けて動いているわけではない。だからやっぱり老けてきちゃうんだよね。で、この口角を上げる笑い方をしようとすると、口角挙筋という小さい筋肉を動かさないといけないんです。
が!全然あがりませんっ!

もっと動かないのが頬筋!頬ね、頬。でかいのに全然動かない!これでもか、これでもかと、鏡をみながら何度もやってると、ほっぺがほんのり赤くなってきた!それだけ血流が良くなるってことですね。つまり、普段は、悪い、、

美容と医療を掛け合わせたらどうだろっ???

美容業界って、ネタがたくさんあるけど、やはりパーツ、パーツになってる気がする
そもそもこのあと、お茶しながら、私が下顎について話をしたら、インストラクターも参加者も、みんなびっくりしてたもん。でも噛み合わせ悪いと、絶対左右でるよ、顔に。
これ、私ずっと悩んでいるところ。お口をゆっくり開けると、少し左にずれていくのがわかるねん。それを時々、矯正するけど、なかなかです。
だって、あごの下の頸部の筋肉に左右差あるし、もっと大きな背中の筋肉の張りもあるし、ここがしなやかになってないと、そりゃ、お顔に影響出るのは当然だって
筋肉はすべてつながっていて、大きい筋肉に影響されるんだもん。これ嚥下障害者の訓練で必ず押させておくべき事項です!自分にも当てはめて考えてみた。

今度は医療からアプローチして、掛け合わせの顔トレメニュー作りたい!

医療と美容で、楽しく、役立つことがお伝えできたらいいな。さっそく凄腕セラピストに相談してきた(もちろん医療で働く人)
しかし!その前にまずは自分が改善しなければ、何の説得力もないわ
そう思って日々日々コツコツがんばります。
電車でスマホ見ている私を見かけたら、それはSNSを読んでいるのではなく、スマホの鏡に向かって口角を上げる練習をしているのです!声をかけないで、そっとみてみないふりをして♪

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください