親子科学ワークショップ〜マリア会〜

親子科学ワークショップ〜マリア会〜

子育て支援、マリア会の活動として、私のお友達である都築章子さん(GEMSアソシエイト/NPO法人海の自然史研究所研究員)から「科学教室」の提案がありました。

彼女は大学の同級生です。当時から、一貫して、「科学教育」に興味を持ち「いかに子供たちが、科学に好奇心を持ってくれるか?」を考え続けていました。

楽しく科学にふれてみよう!〜親子科学ワークショップ〜

「科学ってむずかしい」と思っていませんか? わたしたちのまわりには、科学を楽しむ材料があふれています。アメリカで開発された 科学学習プログラム “GEMS(科学と数学の偉大な冒険)”を体験しながら、みんなで科学のたねを見つけて育てていきましょう。
第1回のワークショップでは、「物の自己防衛」をとりあげます。 物が生き残るためには、お腹を空かせた捕食者から身を守ら なければなりません。⻑い年月をかけた戦いの中で、物たちは身を守るためのさまざまな工夫を発達させてきました。 このプログラムでは、恐⻯、イヌ、ネコなど、物が持つ「身を守る」ための知恵について学びます。

  • 日 時 2016年4月2日(土) 10:00〜11:30
    *
  • 会 場 ココプラザ新大阪 505室
    〒533-0033 大阪市東淀川区東中島1-13-13(JR/地下鉄新大阪駅より徒歩5〜10分)
  • 対 象   親子(子どもは幼稚園〜新小学4年生)
  • 参加費  親子1組で1,000円/親子3人の場合は1,500円(当日集めます)
  • 持ち物  はさみとのり(簡単な工作をします)

講 師:都築章子(GEMSアソシエイト・海の自然史研究所研究員)

お問い合わせ&お申し込みはこちら

講師紹介

<現職>

  • 特定非営利活動法人海の自然史研究所 研究員
  • 名古屋大学大学院理学研究科生命理学専攻計時機構グループ 技術補佐員

<主な活動領域>

  • 海洋リテラシー教育プログラム・教材の翻訳、開発および実施
  • 海洋リテラシー教育実践の研究

<著書>

科学リテラシーを育むサイエンス・コミュニケーション: 学校と社会をつなぐ教育のデザイン
鈴木 真理子 都築 章子 鳩野 逸生 松下 佳代 楠見 孝
北大路書房
売り上げランキング: 397,058

彼女からのメッセージです

名古屋市在住。 一児の母です。

大学の研究室で秘書として働きながら、NPO法人海の自然史研究所研究員として、またフ リーランスの翻訳者としても活しています。
「子どもと科学と社会をつなぐ」、このテーマに関わりのあると思うことをいろいろとやってきました。 米国で開発された科学教育教材の翻訳に携わったことをきっかけに、その教材を使った子ども 向けの科学ワークショップなどを行うようになりました。現在はNPO法人の研究員として、子ども だけでなく、科学を伝える人たち向けのワークショップなどを全国各地で行っています。人と関わり 合いながらともに学び、不思議だと思うことを探ることの面白さや楽しさを、みなさんと分かち合え たらうれしいです。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)