出張くるみ亭〜チホ♪さんとのギャザリング〜

出張くるみ亭〜チホ♪さんとのギャザリング〜

今年は、主張くるみ亭が多くなりそうです。そもそも、これがお仕事となり、さらに、みんなに喜んで頂ける場を作り出すことになるなんて、考えてもいませんでした。
そんな私の背中を「どん!」と押してくれたのが、この「世界に一つのmyライフスタイル」セミナー主催者の野田千穂さんです。彼女はとても優しく、かつプロフェッショナルなんです。今回、初の「受注」をいただき、お仕事としてお料理を提供させて頂きました。

まずは開始数日前にすることは、

  • 参加者リスト
  • 費用の概算
  • 当日のメニュー選択(手間がかからず、コスパの高いもの)
  • 時間配分を計算

前日までにすること

  • 作り置きできるものを作って冷蔵、または冷凍
  • 行程を大まかに概算

当日にすること

  • まずはお米を研いで炊飯
  • 最初にお出しするサラダの水切り
  • あらかじめ作っておいたお料理を温める
  • お料理を出したあとに、汁物に取り掛かる

これらすべてを記録しておくと、PDCAサイクルが回すことができて、どんどんくるみ亭が進化していくのです!

特に、ご飯ものが充実すると満足感あります。レシピはこちらです・

12894456_536308486530046_736352992_o

協働作業が楽しい、くるみ亭

くるみ亭のメニューは、「安くて、健康で、簡単」がデーマです。そして、一貫して大事にしているのは「共食」つまり、みんなで楽しく食べるってことです。

そして、何度か開催するにあたって、言われることが「みんなで作業しましょう」「手伝いますよ!」の暖かい言葉です。なので、「協働」も最近は意識しております。最近、もっともチームワークを発揮して泣けてきたのは、こちら東京でのくるみ亭です。

お買い物、当日の受付と会計、そして、お写真など事前にお願いしています。配膳、下膳も参加者さんが自然に動いてくれます。一部のかたは、率先して洗い物まで!感謝、感謝。

当日、テーブルにお料理を並べた瞬間、主催者の千穂さんのひとことは、これ

「はい、みなさん、これが忙しいワーママのパーティメニューです!ちゃんとお写真撮ってくださいね!」

そうなんです、私、この日は普通に出勤しておりました。前日に作り置いたものです。総勢15名分です。どれも、まとめ作りできるものにしました。なにより、みなさんが、ぱぱっと動いてくれることで、実現可能となります。

この日、もっとも影武者として一緒に働いていただけたのが、ここ「刻屋」の美人ママさんです!

7061_533125620181666_6237274515548487831_n

 

 

 

 

 

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)