髪は女性の命というけれど〜幸福の選択〜

髪は女性の命というけれど〜幸福の選択〜

日本人の黒髪は、当の日本人は気がついていないのですが、欧米人には絶賛されますよね。そんな髪の毛を、様々なことが原因で失ってしまうことがあります。

多発性脱毛症となったますみちゃんの、勇気あるチャレンジ!

あるSNSで飛び込んできた、超笑顔が素敵な女性がいました。私は彼女の意思ある笑顔が忘れられず、なんとなく投稿を読んでいました。意見をしっかり述べる投稿と、活発な活動に「あ、やっぱり顔って性格を表すよね」と納得していました。

そんな彼女が、ある日、「病気で髪の毛を失った」ことを投稿されていました。そして、スカーフを取り寄せて楽しんでみる!と。驚きました。その、無理ない前向きさが、あまりに自然で。

その後、ついには、地元群馬県産のシルクを使ったヘッドスカーフを生産する事業を起こすために行動を開始しました。

まずは、こちら、群馬イノベーションアワードに登場!この日は、駆けつけた友人がFacebookで中継のごとく投稿してくれて、胸を熱くしてチェックし続けていました。そして、見事に入賞!素敵でしょ、この笑顔!やりきった感満載です♪

事業開始に向けて!見えない誰かのために

先日から開始されたクラウドファンディング

「皆様にお願いがございます」で始まった投稿に、私たちは、いても立ってもいられない気持ちになって、応援を兼ねて投資しただけなく、流せるだけ、あちこちに情報を流しまくりました(笑)1週間も立たないうちに80%超えて資金が集まったそうです!

「ぜひぜひ、事業が開始され、軌道に乗りますように。」

多くの人をこの気持ちにさせたのは、彼女のこの言葉ではないでしょうか??

今回行うプロジェクトは、脱毛女性が自分の容姿をコンプレックスに感じるのではなく、ファッションを楽しめ、ひいては自信をもって生活できるようになることを目指し、私が考案した群馬県産シルクを使用したヘッドスカーフを事業化するためのファーストステッププロジェクトです!

「美しくありたい」と願う気持ちは、女性の生きる力の源です。このスカーフによってひとりでも多くの女性を笑顔にし、明日の希望とするために、どうか皆様のお力をお貸しください!

彼女は、多くの同じ悩みを持っている女性のために、行動を起こしているのです。自分だけでない、その向こうにいる、誰かのために!

「ピンチがチャンス」「逆境を乗り越える」これ、言うは易しですが、本当に乗り越える人は、きっと自分のためでなく、誰かのために立ち上がった人ではないかと思うのです。

目標額に到達しても、応援してください!私は病院に勤務していますが、たくさんのおばあちゃんが髪が薄くなってきたことを気にしています。入院しても、認知症になっても、女性は女性ですよね。そんなおばあちゃんへのプレゼントにもいいと思います。美しくなって、うれしくない人はいませんもの

 

 

 

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)