渡邊康弘さん「一冊20分!読まずにわかるすごい読書法」開催報告

渡邊康弘さん「一冊20分!読まずにわかるすごい読書法」開催報告

レゾナンスリーディングという言葉を聞いたことがありますか?著者である渡邊康弘さんがファシリテーターとなり、この手法を用いた読書会を開催して頂きました。二日で満員御礼となった超人気ぶり。わくわくしながら当日を迎えました。

1冊20分、読まずに「わかる! 」すごい読書術
渡邊康弘
サンマーク出版
売り上げランキング: 19,381

本はすべて読まなくてもいい!

フォトリーディングでも、こちらのレゾナンスリーディングでも同じことが主張されます。パレートの法則にあるように「2割おさえると、だいたいわかる」

ポイントは

  • テーマを外さない
  • 新しい概念、切り口を押さえる
  • 引用したい箇所を3つ

ここを意識していけば大丈夫とのこと。
わかっているけど、「文字を追ってしまうんだよ!」と叫びたいあなた
レゾナンスでは、あらかじめ自分が決めたページの前後のみを読むので、もう、強制的に2割になっちゃいます(笑)

当日書いたのはこれ。本当はもっとカラフルになるのですが、私、受付の場所でしたので、カラーペンがなかったのです

14287754_610486792445548_2083989192_n

 

それで「読んだことになるの?」と不安のあなた

本日の渡邊さんからの、目から鱗の言葉はこれでした。

「アウトプットに時間をかけて、行動に移す!」さすが、 RFA(こちら)設立の方のお言葉です!そう、読むだけで楽しめる本はあってもいいけど、情報収集のための本は、よむだけでは何もかわらないのです!なので、20分で読んで、ポイントだけアウトプットして、何か行動へ落とし込む!こちらに注力する方が、絶対に身につき、お得です!

「同じ著者、同じジャンルの本をたくさん読んだ方がいい」速読、多読することで、本の内容をより深く理解できる!

そうですね、同じ著者が複数の本で書いてあることは「その著者がもっとも言いたいこと、大事だと思っている」ことですし、同じジャンルの本で共通して書かれていることは「重要概念」ですから。

実は、私は2回目の参加!

夢を実現するためには、、から始まったこの読書会。目標を持つということが、どれだけ重要であるかたっぷりと説明されます。そのあと、夢のピラミッド作成となります。こちらは秘密♪
1年数か月前、ここに書き出した「こうなりたい」の半分が、実現しているではないですか!そのとき「5年先かな〜」と思っていたことは、まだですが、「なったらいいな」「こうしたいな」というものはすべて実現どころか、私の日常にしっかり組み込まれておりました!定期的にワークを行うと、こんな発見があるのですね!
ぜひ、毎年、開催してほしいです!

この日、私の横でビジネス大好きのお友達がいったこの言葉

「金持ちは本をよく読む人が多いけど、本を読めば金持ちになるってことではないよな〜」

そうです、本はあくまでもツールの一つ、読めばいいってものではありませんよね。あなたも、ぜひ、目的をもって本を読み、そして夢の実現に読書を活用しませんか?ただし、楽しみのための読書は別ですが。

最後に、本日のくるみ亭は、雑穀おにぎりと、みっちゃんが持参したプチトマトと葡萄です!
14291902_1637829716529228_6534714419529681177_n

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)