人を救うのは、他者からの深い受容〜あなたはあなたのままでいい〜マリア会

人を救うのは、他者からの深い受容〜あなたはあなたのままでいい〜マリア会

先日、スカイプで発達障害について数名の方とお話しをする会を開催しました。

その中のお一人は、青少年の更生に関わるお仕事をされています。問題や犯罪を繰り返す青少年の多くは、幼少から生育環境が恵まれず、虐待や貧困、孤独の中で育ち、すでに社会や大人を信じていません。おそらく、中には診断されていないけれども、発達障害があり、コミュニケーションが生来苦手であり、そのため、誤解を受けて育った子供も多いことでしょう。いくら職員が心を込めて接しても、心を開くことは難しいのが現実です。

そして、職員がよく話題にしていたことが「深い受容」という言葉だそうです。

  • そうだね、辛かったね
  • もちろん、わかるよ

という、うなずきや言葉かけだけでなく、「深く」「相手の全てを」受容することでないと、救えない。そして「親以外の大人」が、その子の存在自体を認めることが大切なこと。

私は少し涙がでそうになりました。私たちは、無意識にしろ、「こうだったらいい子」「私の子供はこうあってほしい」など「制限付き」で子供を愛していることがありませんか?例え、世間を敵に回しても、「私だけはあなたの味方」と、自信をもって言える親はどのくらいいるのでしょうか?障害があっても、社会的にいい子でなくても、「私にとってかけがえのない子ども」のはずなのに、そんなことをすっかり忘れていませんか?

そして、願わくば、親である自分自身も、誰かに「深く受容」してもらえる存在であれば、どれほど幸せだろうとも感じました。可愛がってくれた父親を幼い時に亡くし、ず〜っとそういう存在を心の奥で求めている小さな女の子の自分にも気がつきました。いまだに、そんな気もちが湧き上がってくるのも不思議でした。自立した社会生活を送っている自分でさえ、そう思うのです。大人に依存しなくては生きていけない小さな、小さな子供達は、どれほど熱望していることでしょう。

大人や社会を信じていない青少年、その生育の過程には、熱望しても熱望してもかなわないことに対する絶望があるのだと、改めて気がつきました。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)